2015年06月14日

バイコーン2.3

どうも。お久しぶりです。
2か月あいてしまいましたね。この2か月いろいろあったといえばあったのですがネタにするものはあんまりないです。とりあえず新生活には慣れてきました。

以前バイコーンを折りました →(記事
今回はそのバージョンアップ版について更に書いていきたいと思います。


前回までのバイコーンではバージョンは1.3辺りでした。今回のはバージョン2.3となります。いろいろと修正を加えました。

P6140184.JPG

P6140186.JPG

前回のと見比べてみるとだいぶ変わったと思います。
ただ基本的な形はそこまで違いはないと思います。これは基本的な構造(展開図)ではほとんど同じであるからでしょう。
このバイコーンの展開図は下図の右側のです。

キャプチャ2 - コピー.PNG
(verはバージョンの意。比率があってないのは仕様です

変わったのは下側の後ろ足〜尻尾の部分だけです。それも段折りのなかの中割折りをする部分をずらしただけで。
一応ずらした理由を簡単に書くと、前足のカドは横の辺の真ん中から出しているのですが、この前足のカドはそこまで長くないので相対的に後ろ足のカドが大きくなるとバランスが取れなくなってしまいます。そのため後ろ足のカドを前足の形に近づける目的でこの変更をしました。その結果尻尾の情報量が増え(自由度が増したともいえますが)ため、この部分の仕上げを収束させるのはすこし苦労しましたが。

展開図上ではこの違いしかなく、実際に折っていてもたてがみになる部分をより素直に折りだすようにしたくらいで仕上げまでは基本的に前回までと同じ形です。
バージョンアップと言いましたがその1.3〜2.3の間で基本的な構造をいじったのはせいぜい2回くらいです。

では何が違うのかというと今言った"仕上げ"の部分になります。
今回はより写実的に作りました。前回のは折りだしたカドを無難な形にまとめ、それをバイコーンに見える程度の仕上げで終わらせていました。
これでも自分は満足していたのですが、先日twitter上の折り紙作品を折る企画(#折り紙作品折り比べ企画)で神谷氏のスレイプニルを折り、一応馬つながりということでその時の仕上げを無理やりこっちでも流用してみました。
一応そのままの形では厳しく、ある程度折りやすい形にしてからつまんだりへこませたりしましたが、それでも同じ形のものから仕上げの有無で違う方向性の主張ができたと思います。

何が言いたいかっていうと最初からもうちょっと仕上げておけば前々から言ってた"デフォルメ体からの脱却"がこのくらいまでは出来ていたじゃねーか っていう話です。いやこの仕上げのバイコーンどうですかねって記事でもあるけど。


一応この作品はバージョン2.1をいじりながら仕上げを加えたものです。(バージョン2.1の現物は消えました。)間の2.2はここに載せる出来でもなかったので保留です。
ちなみにそのバージョン2.1は以前twitterに上げていましたがこれです。

CES1ORoW8AAAWqg.jpg

こっちの方が好きっていう人もいるかもしれませんが、まあその時はこれもこれでって話で。
こうしてみるとほんとに基本構造変えていません。
仕上げって偉大。
つまみ折りって偉大。


2015/9/23 追記
大きな変更点はありませんが今更折り直してみました。画像はTwitterに上げたものの使いまわしです。
たてがみの処理等仕上げを一部改良しています。
バイコーン(2.4)
紙 48p/包装紙

CPT2XJiVEAA2JyT.jpg

CPT2XJoUsAADiBM.jpg

よりスマートというかシャープな感じにはなったかと思います。
ちなみにほぼ自立しません。写真は壁に少し寄りかからせつつなんとか立たせて撮りました。
タグ:展開図
posted by 照 at 22:24| Comment(0) | 折り紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

折り紙でカマキリ/エイプリルフール2015

あっという間に4月、新しい年度が始まりますね。

あ、カマキリを折り紙で折ったことがエイプリルフールネタではないです。ちゃんと折りましたので。これに関してはこの記事の一番下で。

カマキリを折りました。折ったというか折り直したというか。
創作 2014/1(たしか)
折り直し 2015/3/3
最初に折ったのに少し修正を加えたのでいわゆる「違うバージョン」というものでしょうか。
まあそこまで大きな違いはないし、ここでよく使われるようなバージョン表記使うとすれば「カマキリ1.1.0」といった具合でしょうか

まあよくわからない話は置いておいて、画像なんですがきれいに折った現物は引っ越しに伴い置いてきているので以前Twitter等に上げた画像と同じものを張ります。ご了承ください。

B_GHwp-UsAEVjTq.jpg

B_GHwt_U4AA9X5s.jpg

B_GHw1bUQAAm-df.jpg

あまり良い形ではないと思いますが顔には目も作ってます。

この作品ではカマキリの華奢な造形を再現することができました。画像では小さい紙を使っているのもあり、紙の厚みという点も折っているうちに課題になってきますがそこもうまくクリアできていると思います。

逆に悪い点ですがまず鎌。なんか気に入らないです。この部分に関してはいろいろな面においてうまく作れませんでした。いちおうトゲは可能な限り頑張ったのですが。
後は足の短さです。すらっと足長でイケメンなカマキリ君を折りたかったのですが、ずんぐりむっくり とまではいわないけど胴長短足の残念なカマキリになっている感が否めない。
この短い足で自立できているのはすごいというべきなのか

内部カドで羽を作れたことと顔に目を作ったこと、この2つがアピールポイントですかね。そしてまとめると体の形はできているけど鎌・足もうちょっと頑張りたかったといったところでしょうか。


この作品記事にするタイミングが遅かったですが展開図をつい最近作ったから、ということでどうかご了承ください。まあ記事にするのが遅いのはいつものことではあるっちゃあるけど。


展開図

カマキリ2.PNG

このように30度をベースとした構造になっています。
普段私が多用している22.5度では見られない線のつながり方をしているところも多いと思います。

ただよく見るとわかるのですがこれ完全な30度の作品ではなくちょっと22.5度も混ざっています。つまりこれを30度の角度で作られた作品とは言えない感じですね。30度を用いた作品という言い方をすればあながち間違いではないのでしょうが。

いずれにしろいつも使っている22.5度ではなく新しい30度の角度で作品を作ることを意識していたのでそこが完全なものではなくなったことがちょっとだけ悔しいです。


それよりORIPAだとこんな感じで展開図にダメ出ししてきます。

カマキリ3.PNG

どう見ても正しいところにマークついてたのもあったのですが大半は平面に折りたためないよ!という赤い点を打ってます。
つまりこの展開図ですが正しくないです。でも許してくださいこれでも頑張ったんです。
慣れてない30度だから〜と言い訳したいですが、ちょっとここでエラー覚悟で折り畳み機能を

カマキリ4.PNG

実はそこまで大きな問題はなさそうです。正しくたためる展開図ではないけど大きな間違いもないので実際に折る場合はこれでも問題なさそう、ということで勘弁してください。



ーカマキリここまでー

今日のことをついでに
今日は4月1日エイプリルフールでしたね。他にならってまたなんかやろうと思ってましたが、そもそもこの日にこのブログでおふざけしたのって3年前の1回だけだったような・・・。
まあそこはいいとして、せっかく何かやろうと決めたんだからあんまり大がかりでなくてもなんか面白いの作ろう


と思っていたのですが時間がなく破産
結局ブログテーマ変えるだけになった(ブログ名とかこっそり変えたけど)という結果です。
もうちょっとなんかしたかったなあ、と思うと同時にseesaaブログでは何ができるんだってよく把握できていませんでしたうん。

今日のことは記事にしようかと考えていましたがこれくらいで記事1個にするのが億劫だったのでごめんなさいカマキリとごっちゃにしました。

キャプチャ2.PNG
posted by 照 at 23:29| Comment(0) | 折り紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

折り紙でバイコーン

バイコーンを折りました。創作日2015/3/27

P3270160.JPG

バイコーンは2本角になったユニコーンだと思ってください。
神話かなんかで、ユニコーンと対になる存在らしいです。でもググってもあんまりヒットしないしウィキペディアもそこまで充実してないのでよくわかりません。私自身もバイコーンの存在は遊戯王で知ったくらいのなので。

前から

P3270161.JPG

後ろから

P3270162.JPG

上から

P3270164.JPG

紙の厚みで浮き出る部分があったり、ちゃんと4本足で自立したりと個人的に気に入る点が多いです。
15cm四方の紙で折って角から尾までの長さは7.5cm位になりました。このように15cmでも普通に折れますね。


途中のやつ

P3270165.JPG

右が1回目、左が2回目です。背景と色味似ていて見えづらくなってますすみません。
1回目の段階でバイコーンができると確信になったので折り直して2回目に。2回目では角とたてがみと脚の処理以外はほぼ固まりました。頭の形を中心に割とリアルな表現を意識していたのですがかみ合わず、結果いつものデフォルメチックな仕上がりになってしまいました。
リアルとデフォルメごっちゃのデザインもそれはそれでいいのですが無理しない方がいいのとそこまでリアル成分が強くなかったことがあるのでデフォルメ体に寄せようと思い、3回目につながります。

P3270166.JPG

そして3回目
今思うと角の表現をスマートに、たてがみの表現をより強調し、下半身を中心としたバランス修正、と基本の形をほとんどいじらずにだいぶ印象が変わる変化をできた重要な地点かなと。

しかし特にカドが短く形をほとんどいじらない前脚に比べてカドに余裕がある後ろ足を折りこんでしまったことで、またリアルとデフォルメが分離して共存した形になっていることが気になりました。

そして最初に載せた4回目につながります。
自分の作品は結局デフォルメの風味から離れられないのではと最初は思っていましたが、何とか求めていたリアル像をうまく重ねることができたかと思います。堂々と言えたものではないですがうまくデフォルメとリアルを共存させる形にすることができたかと。

まだデフォルメっぽくない?と捉える人も多いかと思いますが、少なくとも数年前に折ったユニコーンに比べて完全なデフォルメにならずにすんだかと思います。


・反省点 かな
脚の仕上げ、特に前脚ですがやっぱり厳しかったです。カドが小さいです。
尻尾の表現は最初から諦めてる感が否めない…ちょっといじってもうまくいきそうにありませんでしたので今回は大目に見てください。

・反省とまではいかないけど
耳はたてがみと一緒になるせいでどうもうまく折れませんでした。そこで諦めきれずに耳を折ろうとした結果耳にも見えるたてがみになりました。しかし耳が折れなくても耳にも見えるたてがみがあるのはシルエットもよくなって割といい収め方をしたと思います。

角が生えている位置ですが首辺りから生えてます。ですが紙の色とたてがみをかぶせることでごまかしがきいてると思うので個人的にはそこまで大きな問題では無いと考えています。


バイコーンの前に馬の上半身のパーツを折っていたのですがなかなか全体を作ることができませんでした。
今回そのリベンジで何とか完成することができました。バイコーン自身も前々から折りたいとひそかに思っていたのでちょうどよかったです。
まあその馬のパーツの特徴このバイコーンではだいぶ消えているけど…


長くなって済みません、最後に展開図。今回はちゃんと描いてきましたよ。

バイコーン.PNG

4分割に22.5度、とシンプルな展開図です。
折り筋をよく見れば展開図折りが初めての方でも出来る …かな?


4/12追記
15cmですがホイルで折り直しました
P4120168.JPG

背景地面が白でかなり見えにくくなってます、すみません。別の撮影場所探そう…
バージョン1.3あたりでしょうか。仕上げをおもに改良したつもりです。
尻尾と後ろ足の処理がメインです。尻尾はかぶせ折りをして、後ろ足は前脚に合わせて形を作りました。
前回のに比べると全体的に自然な形にでき、より作品らしくなったのではないでしょうか。写真の撮り方がどうしようもないくらいアレだけど。
いろいろ書いてましたが、この作品はとりあえずここが終着点でいいでしょうね。またすこしずつ今回みたいに修正することもあると思いますが。

あ、あと前から書いておくの忘れていましたがたてがみの上の縁はどちらかにそのまま折っているので左右で見え方が若干違います。という小ネタがあります、ほんとに小さいネタだけど。


4/14追記

CCjpILJUMAAMG1i.jpg

ちょっと大きい26cm四方の紙で折りました(左の赤いほう)
元が15cm四方の紙でも普通に折れる程度の作品なので、折っていてあまり変化はないようにも思えましたが、実は耳を折りだすことができることに気が付きました。
あとはインサイドアウトをはっきりさせるために角の部分の折り方少し変えたのと、留め折り増やしたくらいです。


久々の新作記事でしたがお疲れ様でしたー
タグ:展開図
posted by 照 at 00:08| Comment(0) | 折り紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

折り紙でマガツ(PSO2)



久々に動画投稿しました。
今回は初めてのPSO2ネタ、PSO2を始めた約1年前から何か折ろうかと考えてはいましたがいまいちピンとこないままゲームそのものだけを楽しんだ2014年でした。
(ちなみに総プレイ時間はおよそ2000時間なので1年で割ると約5時間 ということで1日平均5時間程やってました
何この数字…)

ちょうど1年前にPSO2動画コンテストというのがあってその時にいつもニコ動に折り紙動画を上げている自分としては参加したかったのですが、何もネタができなかったのでその時は断念することに。
そして次のチャンスが来るときは来年の今頃なのでその時までに頭の片隅に考えておこうと決めました

そして去年12月にマガツ(禍津)が実装されて「これだ!」となりました。
ちょうど今から折れば動画コンテストがあればその期間に合わせられると意気込んで創作することに
動画コンテストのことは隠しつつもどんな感じにやっていくボソボソしゃべりながらニコ生もやりました。
「ここはこうで〜 たぶんこうすればこの部分も行けるでしょw」という感じで動画にまとめることも考えた目標のある創作に久しぶりに燃えていました。



が、
その数日後に今年の動画コンテストの内容が公式に発表されて期限が2月4日までとなっていました。

しかも肝心の作品は失敗の連続\(^o^)/
ええこの時多少ボロがあっても動画は作って「マガツを作った」ではなく「コンテストに参加した」を目指すようになりました。


くだらない裏話が長くなってしまいましたがこの作品は複数の頭、4本の腕、胸にある2本の腕、背中の何か、長い足 というさまざまなマガツの特徴を抑えるために試行錯誤をしていったのですが結構苦戦しました。
最後に選んだカドの配置がかろうじてマガツの骨格を再現することが可能になりましたが、良くも悪くもこの発見がなければ作品が間に合いませんでした。


ちなみに在りし日のイメージ

無題2.png

ごちゃごちゃ書いてます。自分用に書いているので人にわかるような書き方はしないとはいえ、それでもまとめ方が下手なのは成長しません。

こんな感じで体についている鬼の顔なども再現する予定でした。
実際マガツはかなり恐怖を煽ってくるキャラクターですしそこまで折りこまないとインパクトもないかなあって。しかしそれが折れたとして一体何時間かけて作るんだって話もありますが。


ちなみに腕が4本無かったり模写のくせに適当です。こういうところのチェックの甘さが私の作品の出来にいろいろと直結してると思うんだうん…



結果 ね いつも通り私の作品らしくコンパクトなデザインに落ち着きましたよ
元のイメージとは違ってもこれはこれでいいとは思いますが
やはり"背中のあれ"だけは何とかしたかった
というか"背中のあれ”ってなんていうの??
タグ:折り紙
posted by 照 at 22:47| Comment(0) | 折り紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

折り紙でゴア・マガラ

日時は未定ですがこの記事は後々足りない部分を追記していく予定です
12/23 いくつか修正

というわけで前から言ってたMH4のパッケモンス"ゴア・マガラ"を折りました。今のtwitterのアイコンにもしています。
しかしながらこれを折ったのは7月で、動画を投稿する予定だったのですが動画編集が進まず9月に入ってしまいました。
作品はこんな感じです

P7130523.JPG

P7130534.JPG

P7130535.JPG

P7130542.JPG

P7130540.JPG

P7130529.JPG

P7130526.JPG


珍しく規模の大きい作品を折りました。珍しくというかここまで堂々としてるのは初めてだ。
かっこいいドラゴンをいわゆる青春時代のうちに創作しようとするのは、こうなんというか折り紙少年としてのロマンがありますね
あの神谷哲史さんが高校生の時にバハムート(ディバインドラゴン)を折ったという言わずと知れたネタがありますが、そういうのに憧れたとかそんな感じのやつです。

ここまで折ったのはいいんですが最初に書いた通り折り直しとかもせずに2か月たってしまいました。
一応展開図程度は作っておいたのでこの記事の終わりに乗っけておきます。
まだ一つの作品と締めるにはきれいな折り直しとかが必要になってくるのでしょうが現状はここまでやれて満足しています。というか時期的な意味でリアルの方が忙しいので、今は動画を作る余裕もないです。

ほんとはこの記事もいつも通り ニコニコに動画を投稿→このブログに記事を作る
と行きたかったのですが動画が投稿できていないせいで折った作品があるのに記事ができずじまいに。
このひとつ前はヒラメの記事になりましたが、そもそも動画の前にこのブログにきちんとこの作品の記事を投稿すればよかったと今になって後悔。

いうか動画ですべて説明しようとしてたのですが結局失敗して、動画はおまけ程度にした方がいいなと思いました(今更)

この記事も情報量多くなったと思うので動画の記事はまた作った方がよさそうかな・・・


あともう一つ言いたいことがあって、この創作計画が実質ストップしてたこの作品をもう一度創作しようってなったときに話で
確かこの辺りの頃にちょっと言ったのですが、たとえばこの作品をゴア・マガラだ、と言ってもそれはモンハンやってる人にしかわからないですよね。先程挙げた神谷さんのバハムートには「ディバインドラゴン」という名前が付けられています(作者がつけた名前じゃなかったらすみません)
それでごまかしにしても茶化しにしても本意にしても、この作品に別の名前を付けたいということです。
まああんまり候補とかなく、つけるならオリジナリティある名前がいいかなって考えましたが決めました。

ゴア・マガラといろいろなところで行ってきましたがこの作品はオリジナルの"ビールスドラゴン"と名付けます ※旧ヴィールスでしたが表記に違和感を覚えるのでビールスに変更しました

いわゆる中二っぽく名づけたかったけどうまくいったのかはわからない。
ヴィールスは英語のVIRUS(ウイルス)から取ってます。元であるゴア・マガラが狂竜ウイルスなるものを扱いますからね。ウイルスドラゴンだとなんかこうぱっと来ないのでビールスドラゴンにしました。
細かいことを言うと間の点・ を入れるか入れないかはまだ考えていない。

 ゴア・マガラ
 大きさ 約27cm
 紙 70cm四方のクラフト紙(柄付)
 折るのにだいたい6,7時間はかかったと思います。何日かまたいだので詳しくはわからないですが

そして展開図
キャプチャ31(決) - コピー (3) - コピー.PNG
22.5度に蛇腹を付加する大好きな構造

ここまで書きましたがたぶん創作に関する話とかもう書く余裕ない気がする。というかこっちの時間の余裕も
後でこの記事に追記していくか、書きたいことはあと全部別の記事にして続けて書いていくかのどっちかになると思いますがどっちにするかはこれも未定。

そして・・・?
monster_01-image_14 - コピー - コピー.png
(詳細は後で多分追記)


追記:見ればすぐわかるのですが狂竜化を再現しようとしてました。
具体的に言うと頭に隠しているカドを折りだして触角を出したり、翼をより腕のように見せるように仕上げたり・・・ ということなんですが、どうすればよいのかいまだに試せていないです。
もう1体予備に作っておけばという話かもしれませんが折る気力が出ればということで。


そんなわけでここまで読んでくださってありがとうございました。



2015/4/4 追記

動画投稿しました。遅れてすみません、やっぱりスライドショー動画を作るのが精いっぱいです。



若干長くなってしまったけどいつもより大きい紙使っていつもより画像枚数多いから仕方ない・・・よね。
posted by 照 at 23:36| Comment(0) | 折り紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。