2015年02月09日

折り紙でマガツ(PSO2)



久々に動画投稿しました。
今回は初めてのPSO2ネタ、PSO2を始めた約1年前から何か折ろうかと考えてはいましたがいまいちピンとこないままゲームそのものだけを楽しんだ2014年でした。
(ちなみに総プレイ時間はおよそ2000時間なので1年で割ると約5時間 ということで1日平均5時間程やってました
何この数字…)

ちょうど1年前にPSO2動画コンテストというのがあってその時にいつもニコ動に折り紙動画を上げている自分としては参加したかったのですが、何もネタができなかったのでその時は断念することに。
そして次のチャンスが来るときは来年の今頃なのでその時までに頭の片隅に考えておこうと決めました

そして去年12月にマガツ(禍津)が実装されて「これだ!」となりました。
ちょうど今から折れば動画コンテストがあればその期間に合わせられると意気込んで創作することに
動画コンテストのことは隠しつつもどんな感じにやっていくボソボソしゃべりながらニコ生もやりました。
「ここはこうで〜 たぶんこうすればこの部分も行けるでしょw」という感じで動画にまとめることも考えた目標のある創作に久しぶりに燃えていました。



が、
その数日後に今年の動画コンテストの内容が公式に発表されて期限が2月4日までとなっていました。

しかも肝心の作品は失敗の連続\(^o^)/
ええこの時多少ボロがあっても動画は作って「マガツを作った」ではなく「コンテストに参加した」を目指すようになりました。


くだらない裏話が長くなってしまいましたがこの作品は複数の頭、4本の腕、胸にある2本の腕、背中の何か、長い足 というさまざまなマガツの特徴を抑えるために試行錯誤をしていったのですが結構苦戦しました。
最後に選んだカドの配置がかろうじてマガツの骨格を再現することが可能になりましたが、良くも悪くもこの発見がなければ作品が間に合いませんでした。


ちなみに在りし日のイメージ

無題2.png

ごちゃごちゃ書いてます。自分用に書いているので人にわかるような書き方はしないとはいえ、それでもまとめ方が下手なのは成長しません。

こんな感じで体についている鬼の顔なども再現する予定でした。
実際マガツはかなり恐怖を煽ってくるキャラクターですしそこまで折りこまないとインパクトもないかなあって。しかしそれが折れたとして一体何時間かけて作るんだって話もありますが。


ちなみに腕が4本無かったり模写のくせに適当です。こういうところのチェックの甘さが私の作品の出来にいろいろと直結してると思うんだうん…



結果 ね いつも通り私の作品らしくコンパクトなデザインに落ち着きましたよ
元のイメージとは違ってもこれはこれでいいとは思いますが
やはり"背中のあれ"だけは何とかしたかった
というか"背中のあれ”ってなんていうの??
タグ:折り紙
posted by 照 at 22:47| Comment(0) | 折り紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。