2013年08月09日

折り紙-アリ

DSCN3653.JPG

折り紙でアリを折ってみました。でもこれも2年前の作ひn・・・

裏側
DSCN3655.JPG

創作日 2011/10/16
サイズ 15cm^2→5cm

構造は単純でなかなか言葉で説明しづらいのですが、付加して折ってるだけです。
すみません説明できていないですね。

2年前の作品ですが一応最近折り直したので今になって記事にしてみました。


最初は蜘蛛でも折ろうとしたのですがカドの長さとかいろいろ不十分で、さらに胴体を胸と腹に分けた方がバランスがとれているということがありそのまま昆虫にしました。
昆虫の中の蟻に決めたっていうのも行き当たりばったりが過ぎますがアリっぽさは少しでもあるかと思います。

真ん中の足の長さが微妙に扱いづらかったり。
タグ:折り紙
posted by 照 at 23:38| Comment(0) | 折り紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

折り紙-ヒュージィ星人

結構ぶりのメテオスネタ
折ったのはヒュージィ星人です。ギガンティス星人ともいうらしい。

DSCN3648.JPG

とりあえず画像これだけです

横から
DSCN3659.JPG


創作日 8月5日
サイズ 15cm^2→7cm
今回も16等分蛇腹です


ヒュージィ星人は雲のような見た目なのですがこうなると仕上げや表現のところでどう折るか考える必要があったと思います。
なんとなく目はインサイドアウトしたかったので、最初は雲の部分と一緒に適当にカド出していればいいと思ったのですがなかなかそうはいかずカドの出し方に四苦八苦。
ただ見た目とは正反対(?)に意外と折りやすい形ではなんじゃないかとはずっと思ってました。
最終的に目を最初に真ん中(実際はちょっと上にずらして)から折りだしてそれを中心に輪郭をつくっていくように折りました。

もうちょっと何とかなりそうですがどっちかというと一から構造変えた方がよくなりそうなので修正する場合は全体をもう一回見直した方がいいかな。(構造変えたら別作品か)

似ているかといわれるとジオライトやゲルゲルみたいにうまくいってないかもしれませんが、折るべきところは折れているのではないかと思います。
目の形と大きさもどうするのがベストかよくわかってない。
ちなみに立体的になってるので、調整がカドぐらいしか折っていないほかと比べると一筋縄ではいかない模様。


折った宇宙人はジオライト、ゲルゲル、ギガントガッシュ、ヘブンズドア、アーニマ、ヒュージィの6種類ですかね。しかも16等分蛇腹というお手軽感あふれる統一もある。
DSCN3657.JPG
一部ひどい状態のものがありますが一応全種見つけました。左2つは白い部分があるので旧バージョンといえばいいかな。
そういえばアーニマは記事にしていませんでしたね。

ここまで来たらやっぱり31(32)種類折ってみようかな。


展開図は少々つらそうなので保留
→12/16(記事は17日作成)展開図作りました。
posted by 照 at 21:36| Comment(0) | 折り紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。